忍者ブログ
当サイトはHTML5+css3で作成されており、Internet Explorerでは正しく表示されません。
firefoxOperaの 使用をお勧めします。

フットマッサージャー SG-520専門通販ガイド

フットマッサージャー SG-520は、人気のフジ医療器製マッサージャー。そのフットマッサージャー SG-520の半額以下での価格情報や口コミ、機能などをレポート

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017年 12月 17日|comment(-)

フットマッサージャー SG-520 が半額以下なのはアマゾン

フットマッサージャー SG-520 は、人気のフットマッサージャーです。

しかし、マッサージマシンは、ちょっと高価というイメージは
ありませんか?


実は、半額以下で買えます。


足がつかれるので欲しいなぁをおもっておられる方は、>>コチラ

大手のアマゾンに出店しているショップです。

記事を書いた時点で62%オフでした。

欲しいと思っていた方は、いい機会ではないでしょうか?

アマゾン本店でも取り扱っています。

価格的には、3万円以下です。(送料無料で翌日配送)

ランキング上位の製品です、在庫があるうちに手配されることをオススメします。

>>フットマッサージャー SG-520の詳細はコチラ




PR

フットマッサージャー SG-520 の口コミ


フットマッサージャー SG-520を実際に購入されて使っている方の
口コミを見てみましょう。

---ここから----

とある温泉旅館で、お風呂上りに使用したのがきっかけ。


主人が立ち仕事なので、リーズナブルな価格で見つけ、購入しました。

今は、主人よりも私が毎晩就寝前に使用中。

ふくらはぎのマッサージが気に入ってます。

もちろん足裏もしっかりマッサージしてくれます。

---ここまで----

いかがでしたか?

足先から足裏、ふくらはぎまで、しっかりマッサージ。

一度、味わうとやみつきかもしれません。

具体的には、マッサージャーとして、以下のような効果が期待できます。

■筋肉の疲れをとる  
■筋肉のコリを ほぐす
■疲労回復      
■血行促進
■神経痛、筋肉痛の痛みの緩解

>>フジ医療器 SG-520の詳細はコチラ



フットマッサージャー SG-520 で出来るマッサージ


フットマッサージャー SG-520 の操作とマッサージメニューです。



◆目的に合わせて使える「自動3コース」

多分、購入した方が最初に使うおまかせのコースです。

しっかりコース
速い動きでふくらはぎを揉み上げます。
立ち仕事やスポーツの後に。

ランダムコース
遅い、速いの緩急のある動きでマッサージ
いろいろなマッサージを楽しみたい時に。

ゆったりコース
ゆっくり動き、優しくホールドし、
やさしくもみほぐしますので、マッサージとリラックスを同時に
味わいたい時に。

手動コース
ご自分でもみ板と足裏マッサージの速度が3段階調節できます


気分や体調でお好みのコースを使ってみてください。


その他にも

約15度の角度調節が可能。
体格や角度にあわせて、マッサージャーの角度を15度調節できます。

着脱式布カバーは、はずして洗えます
中のカバーを取り外して丸洗いできるので、いつでも清潔です。

>>フットマッサージャー SG-520の詳細はコチラ



フジ医療器 SG-520 のスペック

フットマッサージャー SG-520 の基本的なスペックです。


本体寸法(約):幅480×奥行390×高さ440(mm)
質量(約): 13.5kg
電源:AC100V(50/60Hz)
消費電力 :80w(ヒーターのみ110W)
定格時間 :20分

医療機器認証番号 :222AGBZX00172000(管理医療機器)

消費電力は、イメージより少ないですね。


>>フジ医療器 SG-520の詳細はコチラ



フットマッサージャー SG-520について

フットマッサージャー SG-520 の注目すべき特徴をまとめてみました。


背面から足をらくらくスルーイン
⇒高齢者でも、スカートを着用していても、足を高く上げずにマッサージ準備ができます。

ヒーター機能
⇒まるで手のひらで包み込まれているようなじんわり温かいマッサージ。

足先、足裏、ふくらはぎまでリフレッシュ!
ふくらはぎだけでなく、足全体が包み込、足先や足裏もマッサージできます。

日常的に手軽に使えるフットマッサージャー SG-520。

毎日のリラックスタイムが至福の習慣になります。

>>フットマッサージャー SG-520の詳細はコチラ





↑page top↑